被逼入绝境的AKB48:成也秋元康,败也秋元康

摄影频道 · 09-20

  原标题:被逼入绝境的AKB48:成也秋元康,败也秋元康

  3月13日、AKB48選抜総選挙が今年は実施されないことが発表された。運営側はその理由を明確にしていないが、NGT48メンバーの暴行被害事件がそこに影を落としていると見られる。この件については、22日に第三者委員会による調査結果が発表される予定だが、途中に元AKB48総支配人による不用意なツイートもあり、運営サイドへの不信感が高まる状況となっている。

  3月13日,AKB48总选举今年不举行的消息发表。运营方并没有对理由进行说明,但是人们普遍认为这是受到了NGT48成员遭遇暴力 事件的影响。本来预计在3月22日发表由第三者委员会进行调查的结果,但过程中由于元AKB48剧场总支配人不谨慎的推特发言,造成人们对运营方越来越不信任。

  だが今回の中止決定以前から、AKB48グループの人気が低落傾向にあることは指摘されてきた。たとえば、フジテレビは2012年(第4回)からAKB48総選挙を毎年生中継してきたが、近年は視聴率の下落傾向が続いている。2013年(第5回)には視聴率が20.3%になるほど注目を集めたが、一昨年は13.2%、昨年は11.0%となった。

  不过在这次总选举中止发表之前,就有人指出AKB48组合的人气已呈现下滑的趋势。比如,富士电视台从2012年(第四届)总选举开始,每年都会进行直播,但近几年的收视率持续下降。特别是2013年(第五届)总选举受到人们极大关注,收视率高达20.3%,但是前年的收视率只有13.2%,去年更是跌至11.0%。

  いまなぜその人気は低落しつつあるのだろうか。それを探ると、AKB48グループがふたつの点で制度疲労を起こしていることが見えてくる。

  为什么现在AKB48的人气持续低迷呢?在寻找答案的过程中,能够发现AKB48在两点上暴露出制度跟不上现实情况的问题。

  「AKB商法」の機能不全

  “AKB商法”机能不全

  最初に指摘するのは、いわゆる「AKB商法」についてだ。

  第一个问题,就是所谓的“AKB商法”。

  よく知られているように、AKB48のメインコンセプトは「会いに行けるアイドル」だ。頻繁に劇場公演と握手会をおこない、ファンがアイドルと直接コミュニケーションをする機会を増やした。従来のアイドルと大きく異なるこの特徴によって、AKB48は多くのファンを獲得していった。

  众所周知,AKB48的理念就是“能够见面的偶像”。频繁举行剧场公演和握手会,增加粉丝和偶像之间的直接交流。这一点与之前的偶像有着极大不同,为AKB48吸引到了许多粉丝。

  それは、AKB48グループをプロデュースしてきた秋元康による明確な戦略によるものだ。動画や音楽のネット配信が始まった黎明期の2000年、秋元はインタビューで以下のような発言をしている。

  这也是,AKB48组合的制作人秋元康的明确战略。尚在视频和音乐的网络配信刚开始的2000年,秋元康接受采访时就曾说过这样的话。

  テレビの前から「お茶の間」が消えたように、現代は情報の受け手としての大衆が存在しない。大多数の支持がヒットにつながる「最大公約数の時代」は終わった。これからは「最小公倍数の原理」が支配するパーソナルなメディアが流行の拠点になる。こだわりを持つ少数が面白いと思うものが核になり、それに共感する人々の輪がドミノ倒しのように広がっていくような現象が主流になっていくだろう。

  就像如今已经消失的一家人聚在电视前一边看电视一边喝茶聊天的景象一般,单纯作为信息接受方的大众已经不存在了。获得大多数人的支持就能受欢迎的“最大公约数时代”已经结束了。之后成为流行据点的将是由“最小公倍数原理”支配的个性突出的自媒体。圈地自萌的少数人觉得有趣的事将成为中心,围绕这个中心并对此产生共鸣的人将如同多米诺骨牌一样扩散开来,这种现象在将来会成为主流。

  秋元のこのコメントは、SNS浸透後の未来を的確に予見している。インターネット時代には、従来のような送り手の仕掛けが簡単には機能しなくなり、逆に口コミによる意外なヒットが生まれるようになる。昨年なら映画『カメラを止めるな!』がその典型だ。

  秋元康的这一评论,准确地预见了网络社交平台渗透后的未来。在网络时代,一直以来使用的宣传套路将不再那样容易地生效,相反网络上的口口相传会意外地催生出一个个热门。比如去年的电影《摄影机不要停!》就是典型。

  AKB48グループも、秋元のそうした知見によって誕生した。2005年、小さな劇場での公演からスタートし、徐々に勢力を拡大して2009年に大ブレイクする。実際、そのブレイク以後の10年間は、SNSとスマートフォンが浸透していく期間とも重なる。ファンは握手会や総選挙に参加しつつ、インターネットを通じて独自に発信?コミュニケーションを取っていった。

  AKB48组合正是秋元康这种见解下的产物。2005年,从小小的剧场公演开始,逐渐扩大自己的势力,到2009年彻底走红。实际上,AKB48走红后的这十年,正是社交网络和智能手机不断渗透普及的时期。在参加握手会、总选举活动的同时,粉丝个人通过网络发信息和感想,实现交流。

  ただ、そこでは旧来メディアを使った戦略もあった。握手券や総選挙の投票券をCDに付属して販売したことだ。ファンは握手券のためにCDを買い、ひとりで複数枚数を購入するひとも少なくない。結果、AKB48グループはオリコンランキングの上位を占拠することになった。これが、いわゆる「AKB商法」と呼ばれるものだ。

  这中间也有以前媒体使用的战略,即在售卖的CD中封入握手卷和总选举投票卷。粉丝们会为了握手卷购买CD,一个人重复购买多张CD的情况也并不少见。其结果就是,AKB48组合的CD销量长期占据着公信榜的上位。这就是,被称为“AKB商法”的销售手段。

  実際にオリコンの年間シングルランキングを見ると、2010年以降はAKB48グループと、そのライバルとして生まれた坂道グループが常に上位を占めていることが確認できる。昨年も総選挙の投票券が付属した「Teacher Teacher」は、300万枚を超えるほどのヒットとなった。

  我们从公信榜的年榜中可以看出,2010年后AKB48组合和作为其对手诞生的坂道系组合长期占据着上位。去年封入了总选举投票卷的《Teacher Teacher》更是销量超越了300万张的大热门。

  もちろんこのCD販売数は、人気と大きく乖離している。音楽ジャーナリストの柴那典が『ヒットの崩壊』(2016年/講談社現代新書)で指摘したように、AKB48はオリコンランキングを“ハッキング”したのである。

  当然,CD的销量已经不能直接反应出人气了。音乐记者柴那典就曾在《热门歌曲的崩坏》中批评,AKB48是“黑”进了公信榜。

  たしかにAKB48の人気はインターネット時代に「ドミノ倒しのように広がった」が、旧いメディアとなったCDを使って、人気が多くあるように見せかけた。つまり、インターネット時代だからこそより機能する手法(劇場公演や握手会、総選挙)を、インターネット以前から続いていた旧いメディアのランキング(オリコン)によって加速させた結果が、この10年ほどのAKB48人気だった。

  AKB48的人气在网络时代确实“如同多米诺骨牌一样扩散开来”,再通过以前的媒介CD,让自身的人气显得更高。也就是说,AKB48这十年来的人气,是使用网络时代更有效的宣传方法(剧场公演、握手会、总选举)使其在网络时代之前就存在并延续下来的旧媒体排行榜(oricon)上加速提升成绩的结果。

  だが、こうしたAKB商法による効果がこの3~4年間で徐々に薄れ始めた。なぜなら、各マスコミが10年代中期からビルボード?チャートを使い始めたからだ。

  而这种AKB商法造就的效果在这3-4年间开始逐渐变弱。其原因在于10年中期开始各大媒体使用起了BillBoard榜单。

  2008年から日本でもチャートを始めたビルボードは、CD販売数だけでなく、音源ダウンロードやストリーミングでの再生数、動画再生回数など7つの項目で楽曲をランキングしている。よりインターネット時代に即した指標となっており、昨年トップに位置したのはAKB48でも欅坂46でもジャニーズでもなく、米津玄師の「Lemon」だった。

  2008年开始制作日本榜单的BillBoard,其排名标准不局限于CD销量,他们以包括音源下载量、下载播放量、视频播放量等7项指标来给歌曲排名。很显然,这些指标更加契合如今的网络时代,而去年占据BillBoard榜首的,既不是AKB48也不是欅坂46、杰尼斯,而是米津玄师的《Lemon》。

  AKB48の人気は、ビルボードの指標では明確にその凋落が確認できる。2017年以降はとくにはっきりとしている。欅坂と乃木坂の坂道グループの人気は上昇傾向にあるが、昨年のAKB48グループは10位に「Teacher Teacher」が入ったのみだ。

  以BillBoard的标准来看,AKB48的人气衰落是显而易见的。2017年后,这一衰落更是明显。虽然欅坂和乃木坂等坂道系组合人气呈上升趋势,但去年AKB48组合只有《Teacher Teacher》排在了第十位。

  オリコンからビルボードへ──人気の指標は3~4年前から変わりつつある。つまりルール変更が生じ、オリコンハッキングの効果が薄れている(オリコンも2018年末からダウンロードとストリーミングを加えた合算ランキングを開始した)。

  从公信榜到BillBoard---人气的标准在3、4年前开始不断变化。换句话说,规则发生了改变,公信榜排名的效果越来越弱了。(从2018年末起公信榜也开始将下载量和下载播放量纳入排名标准)

  IZ*ONE日本デビュー曲の酷評

  IZ*ONE的日本出道曲遭到差评

  次に指摘するのは、K-POPの影響だ。具体的にはサバイバル番組『PRODUCE 48』の余波である。

  另一点要指出的是,韩国流行音乐的影响。更加具体地说,是选秀类生存节目《PRODUCE 48》所带来的余波。

  以前から秋元康は、「K-POPがプロ野球だとしたら、AKB48は高校野球」といった趣旨の発言を各所で繰り返してきた。これは決して卑下ではなく、AKB48のコンセプトはまさにここにある。

  之前秋元康在很多地方就说过类似“如果韩国流行音乐是职业棒球的话,那AKB48就是高中棒球”的话。这绝不是自卑,甚至可以说,这就是AKB48的理念所在。

  AKB48にはパフォーマーとしての高い技術は求められない。その目標地点はけっして「完成」ではなく、発展途上のなか一生懸命にがんばることこそが重視される。ファンもその姿を見て応援をし、握手会に行って声をかけ、総選挙で投票をする。

  AKB48并不需要高超的演出技巧。她们的目标绝不是完成度高的表演,而是重视在成长过程中拼命努力的样子。粉丝们看着她们奋斗的样子,会支持她们,会去握手会和她们见面,会在总选举中给她们投票。

  だが、秋元康は「パンドラの箱」を開けてしまう。

  但是,秋元康已经打开了潘多拉魔盒。

  昨年、AKB48グループのメンバー39人が、K-POPグループとしてのデビューをかけた韓国?Mnetの番組『PRODUCE 48』(2018年6月15日~8月31日放送)に挑戦したからだ。

  去年,AKB48团体的39人,赌上以K-POP组合出道的机会去参加了韩国?Mnet的节目《PRODUCE 48》。(2018年6月15日~8月31日播出)

  秋元も認めていたとおり、K-POPはプロ野球の世界だ。評価の基準はあくまでも音楽であり、歌やダンスの能力がメンバーには求められる。よって、K-POPに精通している者にとっては、「未完成」であることを前提としていたAKB48グループの面々が惨敗する可能性は十分に予想されていた。

  正如秋元康所说的,韩国流行音乐是职业棒球的世界。他们完全以音乐为评判基准,成员们必须有突出的歌唱和舞蹈能力。因此,对于了解韩国流行音乐的人来说,可以准确地预见到以“未完成”为前提的AKB48的全面惨败。

  一方、予想外のことも生じた。K-POPのトレーナーたちの指導によって、48グループのなかから実力を伸ばしていく存在が多く現れたからだ。後にIZ*ONEとしてのデビューを勝ち取った宮脇咲良(HKT48)?矢吹奈子(同)?本田仁美(AKB48)の3人をはじめ、上位30人にまで残った宮崎美穂(AKB48)?高橋朱里(同)?竹内美宥(同)?下尾みう(同)?白間美瑠(NMB48)?村瀬紗英(同)?後藤萌咲(AKB48)の7人は、はっきりとそのポテンシャルを示した。しかもこのなかには、竹内や下尾のように、総選挙で圏外(101位以下)の者も含まれている。つまり、AKB48では見過ごされていた実力が、K-POPで開花したのだ。こうした状況はK-POPファンがAKB48メンバーを見直すことにもつながった。

  另一方面,预想之外的事情发生了。接受了K-POP老师们的指导,48团体内很多成员的实力得到了确实的成长。以之后作为IZ*ONE赢得出道机会的宮脇咲良(HKT48)?矢吹奈子(同)?本田仁美(AKB48)为首,最后留在30名以内的宫崎美穂(AKB48)?高桥朱里(同)?竹内美宥(同)?下尾美羽(同)?白间美瑠(NMB48)?村濑纱英(同)?后藤萌咲(AKB48)等七人,向我们明确展示出了她们的潜力。而且这些人中还包括像竹内和下尾这样处于总选举圈外(101名之后)的人。也就是说,在AKB48里没有被看到的实力,通过K-POP大放异彩了。这种状况,也让K-POP粉丝对AKB48的成员刮目相看。

  留到决赛的8人

  実際、この番組で生まれたIZ*ONEの日本活動を秋元がプロデュースをし、AKSがマネジメントを引き受けることは、当初から約束されていたと考えられる。

  实际上,从一开始就约定好由秋元康作为制作人,AKS作为经纪公司,来负责从这个节目中诞生的IZ*ONE的日本活动。

  2年半の期間限定で活動が予定されているIZ*ONEは、昨年10月に韓国でデビューし、今年2月には日本でデビューした。9人中3人が日本出身者で占められるTWICEのように、日韓混成のグループが誕生したのである。

  以2年半为期限展开活动的IZ*ONE,去年10月就在韩国出道了,并且于今年2月在日本出道。和9人中有3个日本人的TWICE一样,又一个日韩混合的团队诞生了。

  韓国デビュー曲の「La Vie en Rose」は大ヒットした。その内容も、グローバル水準に十分に対応した、ミドルテンポのEDM寄りポップスだ。

  韩国的出道曲《La Vie en Rose》成了热门歌曲。其内容也十分符合全球化的水准,是首接近电子舞曲风格的流行音乐。

  それに対し、秋元の作詞と日本の制作陣が創った日本デビュー曲「好きと言わせたい」は、ひと昔前のシンセサウンドと単調なリズム、サビも合唱というAKB48や坂道グループの枠を出るものではなかった。加えて、ラップ担当のメンバーがいるにもかかわらず、ラップパートもない。

  而与此相对,由秋元康作词,日本的制作团队们所创作的日本出道曲《好きと言わせたい》,还是使用和以前一样用电子合成的单调节奏,副歌部分也还是和AKB48、坂道系组合一样的合唱。再加上,明明有rapper担当的成员,却没有创作rap部分。

  K-POPファンからは、案の定、「好きと言わせたい」は酷評された。反応としては「ダサい」というものが目立った。

  不出所料,《好きと言わせたい》遭到了韩国流行音乐粉丝们的差评。在人们的回复中,“老土”的评论非常显眼。

  『PRODUCE 48』による人材流出

  《PRODUCE 48》带来的人才流失

  『PRODUCE 48』からは、もうひとつ大きな作用が生じている。この挑戦をきっかけにAKB48を卒業し、韓国に渡る者が複数名現れていることだ。

  《PRODUCE 48》还带来了另一个巨大的影响。以这次挑战为契机,多人从AKB48毕业并去往韩国发展。

  高橋朱里は韓国のWoollim(ウリム)エンターテインメントと契約し、年内にデビューすることを発表した。竹内美宥も、MYSTICエンターテインメントとの契約を発表した。

  高桥朱里和韩国的Woollim娱乐公司签约,并表示将在年内出道。竹内美宥也宣布和MYSTIC娱乐公司签约。

  高橋をはじめとするメンバーたちが番組を終えて戻ってきた後、AKB48に大した変化が見られなかった。番組終了直後に発表され、『PRODUCE 48』の上位進出メンバーが選抜されたAKB48の「NO WAY MAN」も、楽曲やダンスは従来のドメスティックなもので、グローバル基準にはまったく達するものではなかった。

  以高桥为首的成员在节目结束后回到日本,而AKB48并没有因此发生什么大的变化。节目结束后不久发布以《PRODUCE 48》中排名靠前的成员为选拔组成员的新曲《NO WAY MAN》,不论是曲风还是舞蹈也还是以前那种日本本土的风格,并没有达到全球化的标准。

  『PRODUCE 48』で開けられた「パンドラの箱」とは、メンバーたちのパフォーマンス能力だけではなかった。AKB48運営側の制作体制の問題こそが、明るみになったのだ。

  《PRODUCE 48》,这一潘多拉魔盒所暴露的,不仅仅是成员们的演出能力问题。AKB48运营方的制作体制问题更是暴露无遗。

  制度疲労を起こしているAKB48

  制度跟不上现实变化的AKB48

  この10年間、AKB48は日本の芸能界の中心にある存在だった。それほどの長い期間、一線に居続けること自体はきわめてレアであり、日本のポップカルチャーに大きな足跡を残したのは間違いない。そしてそれは、秋元康が筆頭となって入念に構築されたAKB48のシステムによるものだった。

  这10年来,AKB48一直在日本娱乐圈的中心。这么长的时间,一直处在一线的事实本身已非常罕见。毫无疑问,AKB48在日本的流行文化中留下浓墨重彩的一笔。而这都得益于秋元康首创,并用心构筑的AKB48体系。

  だが、いま生じつつあるのは、この従来のシステムの機能不全だ。オリコンランキング(CD販売)を使った人気の水増しは機能しなくなり、軽視していた音楽やパフォーマンスもK-POPによって相対化された。総選挙の人気低落もこうした制度疲労の結果として生じ、さらにそこへNGT48メンバーの暴行被害事件が大きなダメージとなった。

  但是,现在不断产生问题的,也正是这一体系的机能不全。通过公信榜营造掺水人气的方法不再奏效,之前不重视的音乐和表演又与K-POP相形见绌。总选举的人气下滑就是这种跟不上现实变化的制度带来的结果,再加上NGT48成员遭遇暴力 事件,更是给予了AKB48沉重的打击。

  そうしたAKB48が今後どうなるかはわからない。ただ、ひとつ指摘できるのは、おそらくそう簡単に終わらないことだ。AKB48を運営するAKS社は、かなり大きな規模の芸能プロダクション?製作会社となっている。また、各地に根をおろしたグループには、STU48のようにスタートしたばかりのものもある。

  不知道这之后AKB48将会怎样发展。但唯一能够肯定的是,不会简简单单地结束。运营AKB48的AKS公司,已经成为了一个大规模的娱乐演出?制作公司。除此之外,还有扎根于各地的分团,有些如同STU48才刚刚开始。

  窮地に追い込まれつつあるAKB48が次にどのような一手を打つか──それによって、日本のポップカルチャーは大きな変動をする可能性がある。

  被逼入绝境的AKB48,接下来将如何出招呢?根据其行动,将来的日本流行文化可能会发生翻天覆地的变化。返回搜狐,查看更多

  责任编辑:

文章推荐:

从默默无闻到有人喜欢,李现真有那么好?热潮过后才能冷静看问题

被逼入绝境的AKB48:成也秋元康,败也秋元康

《诛仙》孟美岐饰碧瑶引热议,“大IP影版不如剧版”成真理?

邓伦含情脉脉盯着周杰伦,好苏~眼神绝了,像见到偶像的我本人

《我们都要好好的》收官,刘涛杨烁戏里戏外同样精彩